健康や美容に関することなどの情報を分かりやすく解説します!
健康ガイド



   健康

   美容


コラーゲンと健康

ゼリーが好きです。お魚も好きです。
どっちも毎日のように食べてますけど
美肌かどうかは微妙なところですね。(汗)

化粧品やサプリメントのCMなどのおかげで
私達の中で美肌とコラーゲンはセットで定着しちゃってると思うんです。
でもコラーゲンはなにもお肌にいいだけじゃないんですよ。

コラーゲンはタンパク質の一種ですから
身体に取り込むと分解されて全身に行き渡ります。
それはたとえば骨や軟骨、血管、目、髪など。
ですからコラーゲンが不足すると肌以外にも
体中色んなところに支障が出てきてしまうんです。
逆にコラーゲンをたくさん摂っていると
いつまでも若々しくいられるらしいですよ。

ただし、さっきも言いましたがコラーゲンはタンパク質です。
タンパク質は体重の20%を占めるものであり、
更にその内の30%はコラーゲンなんです。
ですからあまりにも摂りすぎると
太ってしまったりっていう恐れもあるので
やっぱり何事も適量が一番良いのではないかと思うんですよね。


コラーゲンにも種類があります。
動物性のものと海洋性のもの
それらのコラーゲンを比較するとどのような違いが出てくるのか。

まずはその商品の安全性が違います。
動物性のものは名前の通り
牛や豚、鶏などから抽出されるコラーゲンですから
原料とされる動物が万が一病気だったりした場合
それが感染してしまう危険があるんです。

一方、海洋性コラーゲンにはそんな心配はありません。
ただし、同じ海洋性でも
養殖の魚だと一概に大丈夫とも言えないんですけれど。
あと海洋性コラーゲンは動物性コラーゲンよりも脂肪分が少なく、
熱に弱い分すぐに消化されるので吸収力も高いんです。
また、海洋性コラーゲンは魚のどの部分から抽出するかによって
その性質も変わってきます。
骨や皮から抽出されたものは"マリンコラーゲン"、
鱗から抽出されたものは"スカールコラーゲン"です。
両方まとめて水溶性コラーゲンと呼ばれています。
スカールコラーゲンの方が上質で
細胞の活性化を促進してくれる為健康にも良いとされているんです。






 
Copyright(c)2012. 健康ガイド All rights reserved